このページの本文へ移動します。

スタッフ紹介

橋本 憲吾(はしもとけんご)

出身大学 名古屋大学大学院
経歴 昭和55年       名古屋大学工学部卒業
同年          川崎重工入社
昭和56年~59年  日本原子力研究所研究員
平成元年       名古屋大学大学院博士後期課程中退
同年          近畿大学助手
平成5年        講師
平成11年       助教授
平成19年4月     教授

技術資格:技術士(原子力・放射線部門)
原子炉主任技術者
第1種放射線取扱主任者
第2種及び第3種電気主任技術者
学位 博士(工学)(空間高次モードによる大型炉心ディカップリング現象の解析、名古屋大学、平成7年)
専門分野 原子炉物理、原子炉動特性・制御、原子炉熱工学
担当授業科目 熱流体工学、エネルギー・環境実験、原子核工学特論、中性子工学特論、原子核工学特別研究、原子核工学特殊研究
研究テーマ 1.加速器駆動未臨界炉の未臨界度モニター法に関する研究
2.沸騰水型軽水炉の出力安定性に関する研究
3.高速増殖炉の出力分布制御に関する研究
4.核燃料施設における臨界安全管理に関する研究
所属学会 日本原子力学会、日本技術士会、米国原子力学会
社会活動 日本原子力学会編集委員会論文誌副編集長、出雲市原子力安全顧問、京都大学原子炉実験所安全委員及び共同利用委員、原子力規制委員会原子炉主任技術者試験委員、日本原子力研究開発機構各種委員、他
主要著書・論文

1.“An improved Feynman-α analysis with a moving–bunching technique,” J. Nucl. Sci. Technol., 53[10], [in printing] (2016).

2.“Determination of prompt-neutron decay constant from phase shift between beam current and neutron detection signals for an accelerator-driven system in the Kyoto University Critical Assembly,” J. Nucl. Sci. Technol., 52[2], pp.204-213 (2015).

3.“Measurement of large negative reactivity of an accelerator-driven system in the Kyoto University Critical Assembly,” J. Nucl. Sci. Technol., 51[1], pp.116-126 (2014).

4.“Power spectral analysis for a thermal subcritical reactor system driven by a pulsed 14MeV neutron source,” J. Nucl. Sci. Technol., 50[5], pp.481-492 (2013).

5.“Cross-power spectral analysis between beam current and neutron detection signals for a thermal accelerator-driven system,” Trans. Am. Nucl. Soc., 107, pp.1032-1034 (2012).

6. “Monte Carlo simulation of prompt neutron emission during acceleration in fission,” J. Nucl. Sci. Technol., 49[8], pp.782-792 (2012).

7.“Feynman-a analysis for a thermal subcritical reactor system driven by an unstable 14MeV neutron source,” J. Nucl. Sci. Technol., 48[9], pp.1272-1280 (2011).

8.“Determination of subcrtical reactivity of a thermal accelerator-driven system from beam trip and restart experiment,” J. Nucl. Sci. Technol., 48[6], pp.873-879 (2011).

9.“An extended rod drop method applicable to subcritical reactor system driven by neutron source,” J. Nucl. Sci. Technol., 47[4], pp.351-356 (2010).

10.“Determination of lambda-mode eigenvalue separation of a thermal accelerator-driven system from pulsed neutron experiment,” J. Nucl. Sci. Technol., 47[4], pp.376-383 (2010).

11.“最小自乗逆動特性解析における空間依存性の低減,”日本原子力学会和文論文誌, 9[3], pp.296-304 (2010).

受賞歴 なし
趣味・その他 阪神タイガースファン、旅行、古代史
お問い合わせ先

原子力研究所 Kindai University Atomic Energy Research Institute
TEL (06)4307-3095 
お電話でのお問い合わせは月~金の午前9時~午後5時までとなっております。
FAX (06)6721-3743(24時間受付)
E-mail:genken@itp.kindai.ac.jp(24時間受付)

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。