このページの本文へ移動します。

リエゾンセンター

産官学の窓口として、多彩な事業を展開

「産官学」の連携・推進に関わる業務を統括し、組織的に取り組んでいく窓口として「近畿大学リエゾンセンター(KLC)」は設置されています。このセンターの役割は、「共同研究・受託研究・プロジェクト研究などによる研究活動の推進」「特許管理や研究情報の提供、技術指導」そして「研究成果を産業界へ移転するための支援」など、実にさまざまです。現在、リエゾンセンターでは、産官学連携の窓口として、以下のような事業を実施しています。

  • リエゾンセンター
共同研究 企業などの研究者と本学の研究者が共通の課題について共同で研究開発を行います。
受託研究 企業などから研究費を受入れ、受託された課題について本学の研究者が研究開発を行います。
寄附研究 本学の教育、研究活動の援助を目的とする研究費などの寄附を受付けています。
測定・分析 本学が所有する高性能な機器などにより、各種測定・分析の依頼に応えます。
講師派遣 セミナー研究会などでの講演、コンサルタント、アドバイザー業務などに関して、講師を派遣します。
技術相談 種々の技術相談事項について、関連する研究者が対応します。
技術指導 種々の技術課題について、関連する研究者が指導します。
技術移転 本学(研究者)が所有する特許や研究成果などの実用化に際して、技術指導などによる支援を行います。
研究情報提供 本学の特許、研究課題、研究成果などに関する情報を提供、紹介します。
研究者受入れ 企業などの研究機関に従事される方を、本学研修員として受入れます。
知的財産管理 本学研究者の発明、企業などとの共同研究による発明を特許出願し、権利化に取り組みます。
展示会出展 大学の研究シーズや企業との研究成果を各種展示会に出展し、産業界への紹介の機会拡大を図ります。

産学連携成果物例

「スピードラック Midi」
展開するだけで簡単に設置できる折畳みラック

「hanauta」
文芸学部学生デザインのトイレットペーパー

「ニンチプラス」「キオクプラス」
「スモークマイナス」
機能性アロマオイル

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。