「プログラムの目的」カテゴリー

  • プログラム始動の経緯と展開
  • 養成すべき人材像

関連サイトバナー

  • 近畿大学
  • 近畿大学理工学部
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科 | 東大阪モノづくり専攻
  • 近畿大学理工学部 東大阪モノづくり技術者育成プロジェクト

プログラム始動の経緯と展開

現在の位置

  • HOME > のなかの
  • プログラムの目的:プログラム始動の経緯と展開というページです。

東大阪モノづくりイノベーションプログラム始動の経緯と展開

日本の技術力は世界でもトップレベルを誇るものです。その優れた技術力を受け継ぎ、進化させる新しい世代の技術者育成が、いま社会的に求められています。そうしたニーズに対応するため、平成16年に『東大阪モノづくり専攻(修士課程)』を開設。そして平成20年度には、博士後期課程の開設と養成すべき人材像を明確化した『東大阪モノづくりイノベーションプログラム』が始動しました。

近畿大学大学院学則には「第2条 2 修士課程(博士前期課程)は、広い視野に立って精深な学識を授け、専門分野における研究能力又は高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。3 博士課程(博士後期課程)は、専門分野についての研究者として自立して研究活動を行い、又はその高度に専門的な職業に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊な学識を養うことを目的とする。」と規定されています。『東大阪モノづくりイノベーションプログラム』では、まさに、この学則の理念に基づき、企業での研究開発と大学院での高度な教育を行うことにより、多様な価値観を身につけ、幅広い知識と総合力を備えた『新しい価値を創造できる研究者・技術者の養成』を目的としています。

また、将来的には、学位を取得したモノづくり人材を社会に輩出するとともに、そうした人材による大学院生の指導を積極的に行い「モノづくり人材育成の循環システムの構築」を目指します。

ページトップへ