「プログラムの概要」カテゴリー

  • 教育プログラム
  • 産学連携教育システム
  • 実施内容

関連サイトバナー

  • 近畿大学
  • 近畿大学理工学部
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科 | 東大阪モノづくり専攻
  • 近畿大学理工学部 東大阪モノづくり技術者育成プロジェクト

産学連携教育システム

現在の位置

  • HOME > のなかの
  • プログラムの概要:産学連携教育システムというページです。

教育システム

図:教育システム

『東大阪モノづくり専攻』に所属する大学院生は、東大阪にある企業の研究開発室に勤めて実務を経験しながら、大学院で高度な専門教育と研究開発の指導を受けます。大学指導教員、シニアサイエンティスト・シニアエンジニア(SS&SE)、企業技術者が連携して教育を行うため、院生は多様な価値観を持つ複数の指導者と触れ合い、広い視野を身につけていきます。本プログラムはさらなる充実を図るため、平成20年度より新たにプログラムマネージャーを配置しました。これは、大学指導教員と企業技術者の連携を密接にし、カリキュラムを円滑かつ効率的に運用するとともに、学生のサポートならびに達成度評価システム構築のための支援を行う専門人材です。この存在によりプログラムのレベルアップを目指します。

プログラムマネージャー
「教育のわかる産学連携コーディネーター」としてプログラム運用の核となる存在。職業としての地位の確立を目指して人材育成を行い、将来的には学位とPEの資格を持った人材を専任スタッフとして配置する予定です。
シニアサイエンティスト・シニアエンジニア(SS&SE)
モノづくりに精通し、豊富な知識とノウハウを持った、企業や研究所などで実績を積んだ定年前後の研究者・技術者。
近畿大学では平成16年度よりSS&SEを受け入れ、学生の教育・指導にその力を活用しています。

ページトップへ