「プログラムの概要」カテゴリー

  • 教育プログラム
  • 産学連携教育システム
  • 実施内容

関連サイトバナー

  • 近畿大学
  • 近畿大学理工学部
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科 | 東大阪モノづくり専攻
  • 近畿大学理工学部 東大阪モノづくり技術者育成プロジェクト

教育プログラム

現在の位置

  • HOME > のなかの
  • プログラムの概要:教育プログラムというページです。

東大阪モノづくりイノベーションプログラムの概要

社会が必要とする次世代の技術者を育成。『東大阪モノづくり専攻』から教育の産学連携にさらなる革命が起こる。

これまで、産学連携の多くは研究面での連携が重視されがちでしたが、近畿大学では早くから「教育の産学連携」に取り組んできました。平成16年には大学院総合理工学研究科に産学連携教育の基盤となる『東大阪モノづくり専攻(修士課程)』を開設。高度なモノづくり技術を持つ企業が集積する東大阪にキャンパスがあるという立地の特性を生かし、大学指導教員・東大阪の企業技術者・学生が三位一体となった教育の産学連携を実現しています。これはモノづくり技術の発展・継承、ひいては日本産業の活性化・発展を担う「新しい価値を創造できる研究者・技術者」を育成するためのものです。

この『東大阪モノづくりイノベーションプログラム』は、文部科学省「平成20年度大学院教育改革支援プログラム」に採択されました。

プログラムの特徴

長期・実践型の産学連携教育

インターンシップに代表されるような体験型ではなく、主な教育研究の場を企業の研究開発室に設け、研究開発の実務を経験しながら指導を受ける。

セカンドメジャー制度の導入

専門分野以外の演習科目の取得を義務づけることにより、一分野にとらわれることのない多様な基礎知識と研究能力、広い視野を養成する。

総合的な研究者・技術者教育

社会人力や社会感覚の養成、国際性の涵養、倫理・コンプライアンス教育、MOT教育などを展開し、研究者・技術者に必要な総合的教育を行う。

スキルレベルの設定

学部での教育をレベル1(初級)として、レベル4(最上級)まで4段階のスキルレベルを設定。
これにより学生の到達目標を明確化する。

図:履修プロセス概念図

ページトップへ