「運営・評価体制」カテゴリー

  • 自立的成長プログラム

関連サイトバナー

  • 近畿大学
  • 近畿大学理工学部
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科
  • 近畿大学大学院 総合理工学研究科 | 東大阪モノづくり専攻
  • 近畿大学理工学部 東大阪モノづくり技術者育成プロジェクト

自立的成長プログラムの構築

現在の位置

  • HOME > のなかの
  • 運営・評価体制:自立的成長プログラムの構築というページです。

運営体制

自立的成長プログラム

モノづくり教育においてPDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルが円滑に回る仕組み「自立的成長プログラム」を構築。運営実施状況のモニタリングやコントロール、カリキュラムの評価改善などを行うプログラム運営委員会と、それをサポートするマネジメントオフィスを設置することで、自立的成長プログラムの実効性を確保します。

図:PDCAサイクル

評価体制

産学の代表者によって構成されているプログラム運営委員会により、運営実施状況を評価。地域企業を代表する人材に外部評価委員を委嘱し、評価を委託、常に学外の意見を聞きながら教育プログラムをブラッシュアップする体制です。

事業終了後の方針

発展する教育プログラム

開発した教育プログラムならびに科目群を、プロジェクト実施期間中から順次正規のカリキュラムに組み入れていきます。また、総合理工学研究科東大阪モノづくり専攻においては、開発した教育プログラムを専攻の大学院教育の「橋渡し」および「潤滑剤」の役を担う重要プログラムと位置づけ、専攻進学の必要条件にする予定です。

プロジェクト終了時には、公開シンポジウムを開催し、プロジェクトの成果を総括すると同時に、広く学内外からの意見を取り入れ、教育プログラムを継続的に発展させるシステムを構築します。本プロジェクトの成果によって、連携企業も相乗的に増えてくると予想されます。さらには、他の「特色ある技術者育成プログラム」とも連携し、大学院教育も含めた複合・融合プログラムの開発を視野に入れています。

ページトップへ