リエゾンセンターとは

近畿大学産官学連携ポリシー

 近畿大学リエゾンセンターでは大学の基本的な使命の一つである『社会貢献』の実践にあたり、本学建学の精神である『実学教育』から生まれる研究成果の積極的な社会還元の一つとして産官学連携に取り組んでいます。さらに、この活動を通して大学本来の学術研究の水準向上に努めます。
 これら使命実現のため本学の産官学連携ポリシーを以下のとおり定めています。

1(研究促進と成果活用)
 産官学連携による共同研究・委託研究を積極的に推進し 創出される研究成果(知的財産)を産業界へ積極的に技術移転することにより社会発展に寄与します。

2(知的財産)
 産官学連携により創出される研究成果は積極的に知的財産としての権利化を図り、その維持・管理・活用に努めます。

3(地域産業振興)
 近畿大学を中核とした産官学連携の『かけはし』となることで地域産業に密着しつつ国際社会への対応を視野に入れた社会貢献を図ります。さらに大学発ベンチャー企業の支援など産業活性化に努めます。

4(人材育成)
 産官学連携を通して本学のみならず、産業界を含めた人材育成に努めます。

5(透明性)
 産官学連携により創出される知的財産およびその活用においては学内外に対して透明性を確保します。さらに組織運用や活動においても説明責任を明確にした運営を行います。