概要

院長あいさつ

法科大学院長 山本 雅昭

最高の学習環境・教育体制で司法試験を目指す
 近畿大学法科大学院は、法曹養成の一翼を担う専門職大学院として設置され、以来、多数の修了生を法曹界に送り出してきました。近畿大学法科大学院はもとより、近畿大学の掲げる建学の精神―「実学教育」と「人格の陶冶」―を共有するものですが、法曹が法的紛争の解決に奉仕する専門家であることを思うとき、近畿大学法科大学院もまた法曹養成に取り組むことで、近畿大学のなかにあってその理想を体現する存在として発展を遂げてきたといえましょう。

 さて、法曹への関門、司法試験にたどりつくには原則、法科大学院を修了しなければならないところ、法科大学院も実に多様です。そこで重要になってくるのが、皆さんそれぞれにふさわしい学修環境とは何かを見極めることです。近畿大学法科大学院は、建学の精神を踏まえ、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人」の育成という教育目的を実現するべく、一貫して懇切丁寧な少人数教育を追求し、落ち着きのなかにも適度な緊張感の漂う学修環境を提案してきました。施設をぜいたくに提供できるのはもちろんのこと、私ども教職員との緊密な連携を含めて、法科大学院生が常に持ち前の実力を存分に開花できるようサポートする態勢を整えていると自負します。

 皆さんが法曹として雄飛する日に向けその第一歩を踏み出すにあたり、近畿大学法科大学院の門を叩かれんことを教職員一同、心よりお待ちしています。