施設・設備

施設・設備

講義室・演習室

受講人数に合わせて、60人程度収容の講義室、30人程度の演習室、10人程度の小演習室の3種類を用意しています。さらにラウンド式テーブルを配置したマルチメディア対応型の教室を準備し、双方向・多方向的な授業に対応できるようにしています。

院生専用自習室

法科大学院生専用の自習室を設け、カード錠で入退室可能となる24時間対応のシステムを導入しています。入学時から1人1席の個人ブースで学習することができ、個人ブースにはワゴンおよび書棚を用意し、全員にノートパソコンを貸与しています。自習室内にはプリンターも設置しています。

修了生専用自習室

修了生専用の自習室を設け、カード錠で入退室可能となる24時間対応のシステムを導入しています。修了時から1人1席の個人ブースで学習することができ、各ブースにはワゴンおよび書棚を用意しています。

修了生への支援について

ローライブラリー

中央図書館の分室であるローライブラリー(法科大学院分室)は、図書約7万5千冊の資料が収納でき、45席の閲覧席を設けています。
学習に必須となる法学関連図書や判例集などの雑誌の充実をはかると共に、多数の電子資料・データベースを導入し、高度情報化に対応した学習環境を提供しています。夜間および休日については、司書は常駐しませんが自習室と同様24時間利用できます。

法廷教室

平成28年3月に、法廷教室をリニューアルしました。実際の裁判所を参考に厳粛で落ち着いた法廷を再現しています。「模擬裁判」「刑事訴訟実務の基礎」等の授業において、院生はこの法廷教室を使用し臨場感あふれる授業を受けることができます。

リーガルクリニック室

実務基礎科目のひとつとして開講する「リーガルクリニック」実施のために、相談ブース4室と準備室・待合室を設けます。実務家教員(弁護士)と研究者教員の指導のもと、1~2名単位のグループで市民や企業の法律相談を無料で実施します。