このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

教員紹介

氏名 西谷 斉(ニシタニ ヒトシ)
マックス・プランク外国公法・国際法研究所で在外研究中(2018年秋まで)
職名 准教授
専門分野 国際法
研究中のテーマ 国家による一方的行為の国際法形成機能について研究しています。また「持続可能な開発」のような共通理念が国際法秩序に与える影響についても関心があります。
最終学歴 中央大学大学院法学研究科博士後期課程公法専攻単位取得退学
最近の研究業績
学外からの獲得研究費
在外研究等
Visiting fellow, Max-Planck-Institut für ausländisches öffentliches Recht und Völkerrechtt: 2017-2018
ハイデルベルク便り 2017/10/25(PDF)
  • ※掲載されていない他の研究業績等については、researchmapで確認してください。
researchmap
ゼミナール(国際法演習 )
ゼミは教員と学生、あるいは学生同士が交流を深める良い機会です。発表の準備、実際の発表、発表後の質疑応答や討論、そして発表内容の文章化などを通じて様々な能力が獲得されます。ゼミ合宿や懇親会は学生生活の良い思い出になることうけあいです。しかし、一人一人の顔が見えるようになる分、ゼミ生としての責任感も問われることになります。
ゼミでは、お互いにきちんと準備しかつ自分の意見を述べることによって、さまざまな考え方が表明され、自らの思考をかえりみる機会が与えられます。それによって知識が定着し、何よりも伝え、聞き、理解する力が醸成されることでしょう。「知のフィードバック」は、自分の頭の中だけではなかなか得られません。ですから、何に関しても受け身ではない、主体的な姿勢がとても重要になってきます。
ゼミ活動
教員紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別