このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

教員紹介

氏名 林 晃大(ハヤシ アキトモ)
職名 准教授
専門分野 行政法
研究中のテーマ 行政訴訟のあり方について、特に、イギリスの司法審査制度に注目し、比較研究しています。また、環境を保護するための市民参加制度についても、環境保護先進国であるイギリスの制度をもとに研究しています。
最終学歴 関西学院大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程後期課程満期退学
最近の研究業績
学外からの獲得研究費
  • ※掲載されていない他の研究業績等については、researchmapで確認してください。
researchmap
ゼミナール(行政法演習 )
ゼミでは少人数による討論形式の講義を行います。毎回、報告担当者が自身の与えられたテーマについて事前に入念な準備を行い、それを報告、そしてその報告に基づいて質疑応答を行うというのが基本的な流れです。また、ゼミでの研究のために必要であり、学生からの要望があれば、フィールドワークを行うこともあります( 2015 年度には、震災からの復興に向けた行政活動について研究するにあたって、ゼミ生と共に宮城県に行きました)。私自身、ゼミの運営を非常に重視していますし、皆さんにとってもゼミでの活動は大学生活の集大成ともいえるほど重要なものとなるでしょう。ゼミの主役は教員ではなく学生です。そのため、皆さん一人一人がゼミをうまく利用して成長していくことが重要となります。「出席」するだけでなく「参加」することを前提にゼミ活動に取り組んでください。各自が2 年間で経験したものを将来に向けて何らかの形として残すことができるよう、活発で有意義なゼミ運営(演習、レクリエーション共に)を教員・学生が共に協力しながら、目指していくのが理想的なゼミのあり方だと考えています。そして、卒業後も深い関係性を続けることができるよう、濃密な時間をこのゼミ活動で過ごしてください。
ゼミ活動
教員紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別