このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

ニュース&トピックス

文理融合型課外講義「認知症高齢化社会の処方箋」の初回ガイダンスが開催されました。

  • 2017.10.11

2017年10月11日、文理融合型課外講義「認知症高齢化社会の処方箋」(全10回)の初回ガイダンスが開催されました。

西内先生 拡大.jpg










近畿大学では、認知症について、文系理系を横断した研究コア「認知症高齢化社会の質の向上のための医工文理アプローチによる研究(Dementia oriented Initiative in Kindai, DoIK)」を組織しており、今回の課外講義では、そのメンバーの一員である本学の法学部・総合社会学部・文芸学部・医学部・生物理工学部といった文理の垣根を超えて認知症に関する研究を進めている様々な教員が講師として講義を行っていきます。

西内先生 授業風景.jpg








講義を受ける学生も法学部生・院生だけでなく、総合社会学部・文芸学部・薬学部の学生といった様々な学部の受講生が参加しており、認知症研究に関する最新の知識が得るだけでなく、多様な視点やアプロ―チによる多角的・複眼的思考能力を培うことを目的に学習していく予定です。

回数

開講日

講義テーマ

担当講師

第1回

10月11日(水)

ガイダンス

法学部

准教授 西内 祐介

第2回

10月18日(水)

認知症の診断と治療

医学部

講師 花田 一志

第3回

10月25日(水)

認知症の治療及び早期診断の可能性と限界―法学的・社会学的対応に向けて―

生物理工学部

教授 木村 裕一

第4回

11月 8日(水)

ミクロの世界の認知症〜スーパーコンピュータを活用する〜

生物理工学部

准教授 宮下 尚之

第5回

11月15日(水)

認知症に対するスティグマ解消の重要性

総合社会学部

准教授 佐藤 望

第6回

11月22日(水)

認知症患者の家族が直面する難しい意思決定-後悔しないためのコツ-

総合社会学部

准教授 塩﨑 麻里子

第7回

11月29日(水)

地域で支える認知症患者とその家族-市民主役の地域づくりにむけて

総合社会学部

准教授 田中 晃代

第8回

12月6日(水)

認知症に関する法的責任―民事法学および刑事法学の観点から

法学部

教授 神田 宏

法学部

准教授 西内 祐介

第9回

12月13日(水)

療養環境に於けるアートの可能性-ホスピタルアートの視点から

文芸学部

教授 森口 ゆたか

第10回

12月20日(水)

学生による討論、総括

法学部

准教授 西内 祐介




このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別