このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

論文の書き方

ひとくちに論文といっても、卒業論文、懸賞論文、大学院の修士論文、専門の学者による学術論文などさまざまなタイプのものがあります。ここでは、社会科学系の学生・院生が憲法・民法・刑法などのいわゆる実定法上のテーマについて論じる場合の留意点をいくつか指摘することとします。その内容の多くは、法哲学・法史学等の基礎法学はもちろん、政治学・経済学・社会学等に関する論文を書く場合にもあてはまるものと思われます。

1.論文作成の準備

よい論文を書くには、事前の十分な準備が不可欠です。天才の芸術作品のように、ある日机に向かってスラスラと書き始めるというわけにはいきません。まず、ふだんから優れた学者の著書・論文や先輩や友人が苦労して書いたものに目を通し、論文とはどういうものか、 どういう論文が人に強い印象を与え説得力をもっているか等についてある程度の予備知識をもっていることが必要です。他人の論文をよく読んでいれば、書き方の形式についての慣行などもおのずと身につくものです。
いよいよ自分で論文を書く場合には、そのための資料の収集・整理・検討に多くの労力と時間を割かなければなりません。法令や判例の検索に見落しがないか、体系書・参考書・雑誌論文等を読み較べて、学説の流れや現状をどう把握するか等は論文の出来栄えに大きく影響する勝負所といえましょう。学生の場合、外国文献に直接当たっての比較法的研究や、みずから実施した社会的事実の調査などは、高く評価されることが多いでしょう。このような準備段階での努力の内容が論文の価値の大半を左右するのですが、 その成果を少しでも効率的に表現するためには、論文作成の技術ももちろん大きな役割をはたします。

2.問題意識、テーマ

論文は、何について、何のために、どのように論じるのかが、読者に対して明確に示されていなければなりません。これを最も簡潔に表現するものが標題であります。魅力的な標題は多くの人を惹き付け、内容に目を通してもらうための第一歩です。小説や映画の標題は、そのために非常な工夫がなされていますが、論文のテーマについても多少はこのような配慮が望まれます。例えば、「基本的人権について」「所有権制度を論ず」「犯罪と刑罰」というような題では、あまりにも一般的すぎて論者の執筆の動機もわからず、読者の関心を惹き付けないのが普通でしょう。ただ、どんなに面白そうな標題をつけても、それが内容と一致していなければ何にもなりません。
テーマが与えられている場合、なぜその題が出されたのか、出題者の意図、狙いをつかむことが大事です。自分でテーマを選んだ場合には、なぜその問題に興味をもったのか、どのような立場から、何について、どのような手法で論じるのか、読者に対してどのような効果を狙い、どのような反響を期待しているのか、自分自身で問題意識をよくとぎすまし、読者にわかりやすく提示する必要があります。

3.構成

試験や短いリポートでは冗長な前置は禁物ですが、大部分の研究論文では、冒頭に「序論」「はじめに」などとして、そのテーマをとりあげる意義や狙い、内容の概要などを簡潔に述べるのが常識です。特に書き出しの文章には気を使って下さい。序論部分の巧拙によって、読者をうまく本論へ引っぱっていけるかどうか、勝負の岐れ道です。最終の「結び」「結論」の部分では、全体の論旨をまとめて要約したり(序論と重複しないように)補充したりするのが普通ですが、今後の展望などによって発展の可能性を示しておくと、論文全体の価値を引き立てることにもなります。
途中の展開部の組み立ては自由で、立法の経過、学説史、判例の流れ、現在の判例・学説等を整理・分析するわけですが、論文全体における起承転結などは、執筆に着手する前に十分考慮しておくことが望ましいでしょう。そのためには、事前にレジュメを作ったり、下書きをする習慣をつけておくとよいでしょう。

4.表現方法(文章・用語)

文学の世界では、あいまいな表現が特に高く評価されることもありますが、法律論文では正確さと明晰さが要求されます。何を言おうとしているのか、どういう結論へ導こうとしているのかが不明確な文章は困ります。論理の筋道をはっきりさせるための努力は平常から怠ってはなりません。そのためには、言葉の選択にも敏感であってほしいものです。特に法律関係の用語には多くの約束事がありますので、細心の注意を払って下さい。「又は」と「若しくは」、「及び」と「並びに」、「看做す」と「推定する」などの使い分けは絶対に間違わないように。「意思表示」等の「意思」は、現在までのところ「意志」と書くわけにはいきません。「権原」と「権限」、「保障」「補償」「保証」などは、発音が同じで意味が類似していたり若干重なっているところがあるので、ふだんから意味の違いをはっきりと意識しながら使って下さい。また、ある契約が「無効」なのか、「取消せる」のか、「解除できるのか」を混同しないように。これらは単なる表現の問題ではなく内容の理解にも関連してきます。文章力を磨き用語法の正確さを確保するためには、論文作成後の推敲が重要なことはいうまでもありません。

5.独創性・客観性・論理性

論文は、自己の研究成果を表現するものですから、どんなに多数の文献や資料に基づいて書かれたものでも、そこに自分自身の立場や見解が現れていなければなりません。他人のアイデアや努力を自分の名で使う盗作は学問の世界における最大の犯罪ですが、丸写しではなくても、他人の仕事を単に縮めたり引伸ばしたりするだけでは大同小異です。とはいっても、法学の分野では、すでに多数の先人による無数の研究業績が集積されていますから、百尺竿頭一歩を進めることは、なかなか容易ではありません。そこで、少なくとも自分が使った資料や典拠をなるべく詳細に引用し、 先人のプライオリティーを尊重するとともに、少しでも自分で考えつく加えた点を明示すべきでしょう。直接参照できなかった文献等を引用するいわゆる「孫引き」は避け、やむをえない場合はその旨をはっきりと断らなければなりません。
文献や資料の引用は、内容の客観性を担保するためにも重要な役割をはたします。独創性と客観性とは両立しうるものであり、さらに論理の一貫性と自己の価値判断に基づく結論の当否の明示が不可欠となります。

法学部共同研究室・資料室

1.施設概要

法学部共同研究室・資料室は、新法学部棟(C館)5階にあって、土曜・休日を除く毎日午前9時から午後5 時まで開室しています(一斉休暇中は閉室します)。
資料室区画には、旧法学部総合資料室に所蔵してあった12000冊以上の雑誌・図書等法学・政治学関係資料の内、ジュリスト・法律時報・法学教室・法学セミナーといった主要法律雑誌と国内の大学紀要を中心に開架所蔵し閲覧に供しています。当室に排架していない資料についても別室で閉架保管しています(一部閲覧できない資料があるほか、準備に時間がかかるものもあります)。
開架資料の中には、法学部学生にとって特に重要で、最新号には必ず目を通しておくべき雑誌資料も含まれていますので、皆さんの積極的な利用を期待しています。
また、共同研究室区画は、原則として資料閲覧のために設けられたものですが、授業や研究会等にも用いられることがあります。この場合、資料室利用者も自由に参加・退出できますので、興味のある会合が催されていたら是非耳を傾け発言などしてください(会合は予約制で法学部専任教員の申し込みが必要です)。

2.利用にあたっての注意事項

  • 共同研究室・資料室を利用することができるものは、法学部及び法学研究科学生並びに法学部専任および兼任教職員並びに図書館職員です。これ以外の者は、法学部専任教職員の紹介を必要とします。
  • 室内は飲食禁止です。飲食を発見した場合、退室を命じます。飲料・食料等は鞄等に収めてください。
  • 室内では静粛を心がけてください。ただし、共同研究室区画において授業・会議等が行なわれている場合はこの限りではありませんが、この場合であっても必ず担当教職員の指示に従ってください。
  • 室内の資料・備品・機材等は帯出禁止です。ただし資料については、関連法規及び法学部が定めるところに従い、下記の注意事項を遵守して、これを複写することできます。
    • 複写は備付の複写機によることとし、所携のカメラ・スキャナ等による複写・撮影は認められないこと
    • 私的使用の目的によるものであること
    • 原則として著作物の一部分の複写に限ること
    • 複写は1部しか認められないこと
  • その他事務室職員の指示があるときはこれに従ってください。
  • 以上の注意事項に反する行為等が見受けられた場合、退室を命じます。この場合、学籍番号・氏名・所属(演習)を記録するとともに、氏名等を掲示した上で以後の入室を禁止します。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別