このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • ENGLISH

資格

将来の自分のキャリアに必ず役に立つ、多彩な課外講座のラインナップ

資格は、就職はもちろん将来の可能性を広げるために役立ちます。
経営学部では、課外講座などの資格取得支援講座を開講し、資格を取得できるようバックアップ。
通関士、税理士、公認会計士などの難関国家試験合格者も多く輩出しています。

IT関連資格

■基本情報技術者 ■応用情報技術者 ■ITパスポート ■MOS(Microsoft Office Specialist)

パソコンを使った資料作成や表計算などの実技については「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)検定」があり、近畿大学経営学部で実施する同検定の対策講座を受講した多くの学生が合格しています。一方、ITの知識については、情報通信分野の国家試験である「ITパスポート試験」への人気が高まっています。ITパスポート試験は情報通信に関するいわゆる「理系」の知識だけではなく、経営学部で学ぶ「文系」の知識も求められます。エンジニアなど情報系の進路を希望する学生は「基本情報技術者試験」、さらに高度な知識が求められる「応用情報技術者試験」に挑戦し、大学での学習成果としてこれら資格の取得という目標を立てるのも良いでしょう。

ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士

家族構成や資産などに応じ、住居・教育・老後など将来のライフプランニングを考慮した資金計画やアドバイスを行うお金のスペシャリスト。税金、保険、年金などの幅広い知識と視野が求められますが、取得しておくと金融・保険・不動産業界などでの就職や転職に有利です。将来、独立や開業をめざすことも可能です。

総合旅程管理主任者

旅程管理主任者資格がなければ、添乗業務に従事することはできません。国内旅行のみに添乗できる資格と、海外旅行・国内旅行の両方に添乗できる総合旅程管理主任者資格があります。ツアーを安全かつスムーズに進めるため、さまざまな施設や交通機関と交渉したり、旅行を演出しなければならないので、旅行業法といった法律関係から地理、英語まで多様な能力が必要。資格講座では、そういった専門知識に加え、添乗員の仕事内容や添乗業務の流れなどを幅広く学習し、筆記試験合格後には添乗実務も体験できます。

TOEIC

英語運用能力の指標となる資格・検定には様々なものがありますが、その中でも近年もっとも就職活動等の指標として活用されているのがTOEICです。IIPや語学センターの英語科目を受講し、努力すれば、700点以上の高得点取得も可能です。就職にも役立ち、経営学部スカラシップの基準としても利用されているので、高得点を目指すべき資格です。

特殊講義 通関業務論 I・II

通関手続きを行う通関士は、貿易関連企業などへの就職に重要な、貿易業界唯一の国家資格。講義では通関業務を基礎から解説。さらに通関士試験対策講座を受け、国家試験合格をめざすことも可能です。

  • *経営学部の正規の単位が認定されます。

秘書課程(男女共通)

ビジネス最前線講座

「上級秘書士」の資格取得が可能。ビジネスシーンで役立つスキルを身につける。

就職活動を有利に進めるために、自分のキャリアアップのために。秘書課程では、ビジネスマナーをはじめ、コンピュータ操作能力やビジネス情報活用能力まで、さまざまなビジネスシーンに役立つスキルを身につけます。1~3年生に秘書に関する知識と実務を体系的に学び、「秘書課程」修了に必要な科目を履修した学生は、3・4年生に「上級秘書士」(全国大学実務教育協会)認定書が交付されます。学部で養った経営学や商学、会計学、キャリア・マネジメントなどの専門知識に、この「上級秘書士」の資格が加われば、秘書のスキルをも身につけたビジネス・エキスパートとして就職活動で自分を強くアピールすることができます。

課外講座

近畿大学が開講する多彩な課外講座。

詳細はキャリアセンター「課外講座」のページをご覧ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別