教育・カリキュラム コース関連カリキュラム

英語コミュニケーションコース(2016年設置)

ビジネスの第一線で使える実践的な英語力を修得。

【コース関連カリキュラム】

1年次では、スピーキング、リスニング、リーディングの能力を高め、基礎力を身につけます。
2年次では、1年次に学んだことを基礎として、実践的なスキルや資格の取得を目標に、さらに発展した科目を学びます。

  1年次 2年次
A群 B群 A群 B群
外国語
科目
オーラルイングリッシュ1(1)
オーラルイングリッシュ2(1)
TOEIC入門(1)
TOEIC基礎(1)
海外語学研修(1)
ビジネス英語ボキャブラリー(1) TOEIC応用(1) ビジネス英語リーディング(1)
ビジネス実務英語(1)
専門
科目Ⅰ
観光英語(1) ビジネス英会話(1) キャリア英語(1)
専門
科目Ⅱ
外国文献講読(経済学1)(2)
外国文献講読(経営学1)(2)
英語プレゼンテーション(1)
ホスピタリティー英語(1)
外国文献講読(経済学2)(2)
外国文献講読(経営学2)(2)

A群は、コミュニケーション系の科目群です。
B群は、ビジネス英語系の科目群です。
A群とB群をバランスよく履修することで、実際のビジネスで使える実践的な英語力を修得します。

コース修了の要件は、次のとおりです。

  • ・外国語科目 : A群3単位以上。かつ、A群・B群、合わせて5単位以上。
  • ・専門科目Ⅰ : A群・B群、合わせて2単位以上。
  • ・専門科目Ⅱ : A群1単位以上。B群4単位以上。計5単位以上。

以上の科目群ごとの規定を満たした上で、合計12単位以上の単位を修得した人には、「英語コミュニケーションコース修了証」が授与されます。

学びのステップ

ネイティブの教員による直接指導で、コミュニケーションの楽しさを感じながら、生きた英語を学びます。目標を達成するために、語彙、イディオム、有用なフレーズを増やし「土台」を築いていきます。

ビジネスの第一線で使える実践的な英語力を修得し、即戦力をめざします。また、編入学試験を突破できるように専門用語を吸収していきます。さらに、スタンダードな資格であるTOEICや観光英語検定に挑戦できるような実力をつけていきます。

学生の声
 

英語コミュニケーションコース

英語を学ぶ楽しさに気づき、ビジネスで通用する英語力を身につける。

もともと英語は苦手でしたが、これからの社会で英語力は必須になると考え、思い切って英語コミュニケーションコースを選択しました。いざ講義を受けてみると、英語を学ぶ楽しさを知り、今はこのコースを選んで本当に良かったと思っています。単に語学として学ぶだけでなく、外国人講師による指導で生きたコミュニケーションスキルも学べます。国際交流室や英語村 E³[e-cube]との連携を通して、総合的な英語力アップを図れるのも、総合大学である近畿大学の強み。ビジネスの第一線で使える実力が身につくコースだと思います。


ページトップへ