このページの本文へ移動します。

海外研修ツアー「未来をひらく旅」

2013(平成25)年度

ボランティア&スタディーで行くカンボジア・ベトナム10日間の旅

ポスターはこちらから(PDF:384KB)

2013年8月26日(月)~9月4日(水)

「JSAの訪問&交流」、「ボランティア活動」、「大学間交流会」、「植林活動」など、その国が持つ独自の文化に触れることにより、日本人としての自信感を取り戻し、平和の重要性や異文化を理解する旅

・募集人員 / 35人程度(近畿大学の学生・大学院生に限る)

  •    ※最少催行人員:15人

・募集期間 / 5月20日(月)~5月31日(金)午後5時

・説明会 / 5月23日(木)、5月28日(火)12:20~13:00 
       21号館(経営学部)204教室

・参加費用 / 約21万円(燃油サーチャージ込)

  •    ※別途大学指定の海外旅行包括保険料、
       カンボジアVISA取得料が必要です。

・選抜基準 / 先着順に面接を行います。

  •    ※定員になり次第締め切らせていただきます。

・申込み方法 / 申込書に必要事項を記入し、参加を希望する本人が経営学部 金 相俊 研究室(21号館735号室)へ持参してください。

  •    ※申込の際には¥20,000の申込金が必要です。
  •    ※申込書持参はなるべくお昼休み(12:20~13:00)またはオフィスアワー(毎週火曜日13:10~14:40)を
       利用してください。

申込書は下記からダウンロードしてください。

お問い合せ・申込先

経営学部 准教授 金 相俊 【研究室21号館735号室】
TEL (06)4307-3321 E-mail:ksjum@bus.kindai.ac.jp

海外研修ツアー「未来をひらく旅」企画の公募について ~公募は終了しました~

ポスターはこちらから(PDF:952KB)

本学では教育改革の主要目標の一つである「国際化推進」の一環として、平成20年度から「未来をひらく旅」と「21世紀を生きる国際理解セミナー」の2つのプロジェクトを実施しています。
平成24年度は、「未来をひらく旅」として「タイ・ミャンマー国境を訪ねる旅」「ボランティアで行くフィリピン10日間の旅」の2企画が採択されました。
平成25年度につきましても、標記の通り、「未来をひらく旅」を公募することとなりました。
「世界を見つめ、日本を見つめ、そして自分自身の生き方を探求する」ことを目標にして始めた「未来をひらく旅」は、学生が主体となって未来を切り拓き、将来の発展へつなげる企画を提案するプロジェクトとして実施しております。
「未来をひらく旅」の募集の趣旨をご理解いただき、各部局の教職員の方々にご周知ください。下記の応募要領をご一読の上、奮ってご応募いただきますようお願い申し上げます。

平成25年度「未来をひらく旅」企画 応募要領

  1. 応募に関する諸事項
    1. (1) 趣 旨
      学生たちが異文化に出会い、異なる国の人々と交流することの楽しさ、面白さを体験することを通じて、国際的な視野を広げると共に異文化や外国語の学習意欲を高める機会として、「未来をひらく旅」を経験することを目的として実施する。
    2. (2) 応募資格
      企画立案の資格保有者は、全学部生・院生・短大生とするが、各学部等のゼミ・研究室や学科を単位として教員の指導の下で学生が応募することを条件とし、応募者の所属する学部・大学院等以外の全部局から参加できる内容とすることを要する。個人での提案は受理しない。
    3. (3) 審査のプロセスと応募書類
      1. 1)応募の期限  平成25年1月23日(水)
        ※国際交流室へ所定様式の企画書を提出
      2. 2)書類審査   平成25年1月末日
        ※国際交流委員会小委員会で応募企画を審査いたします。
        ※選定された応募者には国際交流室からその旨通知する。
    4. (4)実施の条件
      1. 1)「未来をひらく旅」の実施にあたっては、当該企画の指導教職員が事前・事後の研修と引率の全責任をもってあたることを条件とする。実施に必要な参加学生数は10名以上とするが、希望者が多数の場合は、課題作文・面接等で参加者を決定する。
      2. 2)本学が策定する「海外リスク管理マニュアル」を順守して行うこと。
      3. 3)経費が発生するため、特に外部業者等との詳細な打合せを行うこと。
      4. 4)その他企画立案の内容によって、追加書類の提出を求める。
      5. 5)予算申請と執行の関係上、企画採択後の引率教員の事後的な追加は認めない。
  2. 海外研修奨励金の給付に係る応募条件
    海外研修奨励金の趣旨に鑑み、採択された企画により実施されるセミナー報告、フィールドワーク等を行う者に原則として奨励金を支給する。なお、「海外研修奨励金」の支給の対象者および現地での実施企画等への支給金額については、国際交流委員会小委員会および事務部との協議により決定する。
  3. 企画書の提出期限・提出先
    主 催   近畿大学
    締切日   平成25年1月23日(水)
    提出先   国際交流室(内線2862)
            E-mail: isc@itp.kindai.ac.jpまたはkado@itp.kindai.ac.jp 
お問い合わせ先

近畿大学国際交流室
TEL (06)6721-2332(内線2862)

  • 学部案内など詳しい資料はこちら Request fot Application Guide
  • 近畿大学英語村 イーキューブ
  • 近畿大学語学教育センターLEC

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。