このページの本文へ移動します。

国際​理解セミナー

2012(平成24)年度

近代化遺産その社会的役割と展望

セミナー内容ポスター(PDF:956KB)

120年以上前に作られた世界初の鉄橋・フォース橋(ポスター写真)。

今現在も鉄道・自動車が行き交うスコットランドのこの橋も、先人が作った貴重な財産として次の世代に継承すべきもの(ヘリテージ) と考えられています。

このような近代化遺産を町づくりの中核となるべき観光資源等として活用することに、日本国内でも注目が集まっています。

近畿圏においても、名村造船所跡地(大阪市住之江区)、余部橋梁 (兵庫県香美町)、生野銀山(兵庫県朝来市)、旧五新鉄道未完成線高 架橋(奈良県五条市)等、枚挙に暇がありません。

このような動きは台湾や韓国などにおいても、近年活発に行われています。

この分野の第一人者・イギリスケンブリッジ大学マリールイーズ・ソレンセン准教授はじめ、若手気鋭の研究者・実務家がその可能性を、写真や資料を紹介しながら、わかりやすくお話します。

日程: 2012年9月15日(土)13:00~16:30
会場: 近畿大学(東大阪)19-2教室(19号館 3F)

プログラム

オープニングスピーチ

近畿大学理工学部
岡田 昌彰准教授

基調講演

近代化遺産の面白さ
ヘリテージスタディの地平と近代化遺産の可能性

ケンブリッジ大学マクドナルド研究所
マリールイーズ・ソレンセン准教授

パネルディスカッション

主催

近畿大学国際交流委員会

お問い合わせ先

近畿大学国際交流室
TEL (06)6721-2332(内線2862)
岡田昌彰・理工学部 社会環境工学科准教授
TEL (06)6721-2332(内線4674)

「貧困」と「格差」の解消をめざして-タイのスラムに生きる私の願い-

セミナー内容ポスター(PDF:518KB)

21世紀に入り、日本はもちろん、世界中の国々で「貧困」と「格差」が共通の課題になっています。
どうすれば解決できるのか?近畿大学では「アジアのノーベル賞」と呼ばれる
「ラモン・マグサイサイ賞」の受賞者で「スラムの天使」とも呼ばれている
タイのプラティープ・ウンソンタム・秦さん(本学総合社会学部客員教授)をお招きして一緒に考えます。
どうぞ、ご参加ください。

日程: 2012年6月9日(土)10:00~17:00
会場: 近畿大学(東大阪)Eキャンパス総合社会学部2F 202教室

プログラム

第1部(10:00~12:00)

私が歩んだ道

第2部(13:00~15:00)

貧困と格差解消の課題と展望

第3部(15:30~17:00)

『生き直しの学校』の子どもたちはいま

  • ※各部のみの参加も可能です。

参加費

無 料

主 催

近畿大学国際交流委員会

お問い合わせ先

近畿大学国際交流室
TEL (06)6721-2332(内線2862)
荒巻裕・総合社会学部教授研究室
TEL (06)6721-2332(内線3280)

Adobe Readerのダウンロード

PDFデータをご覧いただくには、Adobe社のAdobe Reader(無料)が必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、Adobe社のホームページからダウンロードしてください。

  • 学部案内など詳しい資料はこちら Request fot Application Guide
  • 近畿大学英語村 イーキューブ
  • 近畿大学語学センターKULI

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。