● 健康について

熱中症に気をつけましょう!

熱中症は体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れて、体温調節機能がうまく働かなくなり体の中に熱がこもった状態を言います。
都市部はヒートアイランド現象で気温が上昇しやすく、夜間の気温も下がりにくいので熱中症が発生しやすい環境にあります。
今夏も暑い夏が予想されていますので体調管理には十分に注意して過ごしましょう。

●こんな場合は熱中症になりやすいので気をつけましょう
暑さや湿度の環境因子以外にも、病気やその日の体調によって熱中症になる場合があります。

  • ・気温が高い日や湿度が高い日(梅雨明けの蒸し暑い日や、急に気温が上がり体が暑さに慣れていないときにも起こりやすい)
  • ・風が弱く日差しが強い日
  • ・普段からあまり運動をしていない人
  • ・暑さにあまり慣れていない人
  • ・肥満の人(皮下脂肪が多いと熱がこもりやすくなります)
  • ・睡眠不足や体調不良、風邪による発熱があるとき、下痢をしているとき、朝食を食べていないとき、二日酔いのとき等
  • ・高血圧や心臓病、糖尿病などがある場合
  • ・小さい子供や高齢者

 

●熱中症になった場合の対処方法
熱中症は短時間で急速に重症になり死に至る危険性があるため、早期に対処することが最も重要です。体温が40℃を超えると人間の体温調節中枢は機能しなくなり、42℃以上になると生命を維持できなくなります。

重症度は右は行くほど高くなります熱中症になった場合の対処方法の図

※ 回復した後も必ず医師の診察を受けるようにしましょう。一度かかった人は再度かかりやすいと言われています。

 

●熱中症にならないための予防方法

  1. (1)のどの渇きに応じて水分補給をしましょう。
    •  特に運動時は、塩分や電解質が入ったスポーツドリンク(塩分0.1~0.2%:成分表示100mg中のナトリウム量40~80mgが目安)などがよいでしょう。
  2. (2)できるだけ暑さを避けましょう。
    •  日陰で休んだり、日傘、帽子の活用など。服装では襟元がつまっていない通気性のよいものを選んだり、熱を吸収しやすい黒色系の服は避けるとよいでしょう。
  3. (3)体調を整えておきましょう。
    •  十分な睡眠をとり、食事はきちんと摂りましょう。冷たい物の摂りすぎは胃腸機能を弱め食欲を低下させる原因になるので気をつけましょう。
  4. (4)体調が悪いときは無理をしないようにしましょう。


  5. (5)冷房を上手に活用しましょう。
    •  28℃を超えない程度で調整しましょう。設定温度が低すぎる(24℃を下回る)と、外気温との差が大きくなりすぎて外に出たとき体に負担がかかります。冷気は下に溜まりやすいので扇風機を組み合わせるなどして対流させるのも効果的です。
  6. ※熱中症について詳しく掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。
     「環境省熱中症予防情報サイト」
      http://www.wbgt.env.go.jp/

 

↑このページの先頭へ