カリキュラム・授業について

カリキュラムについて

舞台芸術のカリキュラムの特色は学びのための4つの「系カリキュラム」です。舞台芸術をどんな角度から学ぶのか、学びの中心となる「系」を定めて学習します。

2016年度からは4つの「系」が設けられ、1年次では専攻共通科目で舞台芸術の基礎を学び、2年次からは志望する進路や興味に合わせて学びの中心となる「系」を定め、各自がオーダーメイドのカリキュラムを組み立てて体系的に学習します。「系」のコア科目となっている「実習」「演習」「研究」で、クリエイトの現場に必要な専門的な知識と創造力を実践的に身につけます。

総合芸術である舞台芸術を学ぶことによって、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力も向上します。また。国語科の教員免許が取得できます。

科目詳細情報は近畿大学 シラバス検索をご覧ください。

授業科目

※科目は一部抜粋です。

専攻共通

すべての系に共通の科目
  • 演劇概論
  • 舞台表現基礎実習
  • 舞踊表現基礎実習
  • 舞台技術基礎実習Ⅰ・Ⅱ
  • 戯曲創作研究Ⅰ
  • 日本芸能概論
  • 日本作家作品論
  • 戯曲の読み方
  • 身体と発声
  • 文章創作
  • 文章表現
  • アートマネージメント論
  • 戯曲論
  • 世界舞踊史
  • 世界映画史
  • 舞台照明実習1・2
  • 音響効果実習1・2
  • 舞台美術実習1・2
  • 映像表現実習
  • 伝統芸能実習Ⅰ・Ⅱ
  • 音楽実習Ⅰ
  • 演劇批評論
  • 世界演劇史
  • 日本演劇史
  • 舞台芸術論
  • 演劇教育演習
  • 音楽実習Ⅱ
  • 舞台美術実習3・4
  • 映像表現演習

演劇創作系

系の核となる科目
  • 演劇創作実習1・2
  • 演出・演技論
  • 演劇創作演習1・2
  • 卒業研究Ⅰ(演劇卒業公演)

舞踊創作系

系の核となる科目
  • 舞踊創作実習1・2
  • 舞踊表現実習
  • 舞踊発表実習
  • 舞踊創作演習1・2
  • 卒業研究Ⅱ(舞踊卒業公演)

戯曲創作系

系の核となる科目
  • 戯曲創作研究2
  • 戯曲創作研究3
  • 卒業研究Ⅲ(卒業戯曲)

TOP系 (Thearter Organization Planning)

系の核となる科目
  • パフォーマンス研究
  • 伝統芸能作品研究
  • TOP研究
  • 演劇芸能研究
  • 卒業研究Ⅳ(卒業論文)