村上雅英教授が、「2018 年日本建築学会賞(論文)」を受賞しました。

2018.04.20

村上雅英教授が、「2018年日本建築学会賞(論文)」を受賞しました。

表彰業績:「木質構造における各種面的な耐力要素の特性を活かしたモデル化による面内せん断抵抗機構の解明と構造計算法の確立に関する一連の研究」

日本建築学会賞(論文)は、近年中に完成し発表された研究論文であって、学術の進歩に寄与する優れた論文が対象となっており、日本建築学会各賞の中でも、最も古い1949年に設置された賞です。


【関連リンク】 2018年「日本建築学会大賞・学会賞・教育賞・著作賞・作品選奨・奨励賞・作品選集新人賞・文化賞」受賞者