進路・就職

サポート体制

学部・学科・キャリアセンターが一体となり、総合的に就職活動を支援します。

就職担当に学部の教員を設け、最新の業界情報を伝える。

学部内に就職担当の教員を設け、建築業界を中心に年間約100社の企業訪問を受けています。そこで得られた各社の動向やスケジュールを夏休み、冬休み前に開催する学部独自の就職ガイダンスで学生たちにフィードバック。また、春休み期間中にOB・OGを迎えての業界研究会も行い、仕事や就職活動についてのアドバイスをもらいます。そのほか、中小の設計事務所などに関しては、実務経験豊富な教員たちが企業情報などをフォロー。さまざまな学生のニーズに応えます。

卒業生による意見交換会を開催。 業界の“ナマの声”を進路選択に生かす。

建築学部では、各ゼミにおいて教員が学生一人ひとりに親身になって相談に乗り、就職活動をバックアップ。業界などとも深いつながりのある教員たちが、学生一人ひとりの個性に合わせてアドバイスを送ります。また、卒業生を迎えての意見交換会も 開催。仕事のやりがいや現場の雰囲気など、現役で働く先輩たちの“ナマの声”を通して業界のことを深く知り、進路選択などに生かします。

学部単位での就職説明会

建築学部を対象とした説明会を開き、よりきめ細かな指導を実施。

大学全体での説明会はもちろん、建築学部独自の就職説明会も開催し、よりきめ細かな指導を実施。また、学生全員に就職活動に関する情報をメールで配信し、就職説明会のスケジュールなどをお知らせします。

在学中に実際の企業で働いてみる、インターンシップ制度を導入。

建築業界のさまざまな企業との連携によって成り立っているインターンシップ制度は、主に3年生の夏に実施。約30社におよぶ幅広い企業や行政機関などの中から、行きたい実習先を希望することができます。約2週間にわたって現場で働いてみることで、実際の仕事内容や流れを知り、やりがいの一端を肌で感じるとともに、その職種に対する自分の思いや適性を確かめられます。

主なインターンシップ参加企業一覧

竹中工務店、大成建設、前田建設工業、三井住友建設、高松建設、積水ハウス、パナホーム、住友林業、旭化成ホームズ、一条工務店、NTTファシリティーズ、安井建築設計事務所、京都府庁、奈良県庁、東大阪市役所、茨木市役所、生駒市役所 第一工業、日本管財、新菱冷熱工業、大日本土木、住友林業ホームテック

キャリアセンター

キャリア開発から個別相談まで、
就職活動を幅広くバックアップ。

キャリアセンターでは、個別やグループ面談など、一人ひとりの個性に合わせたカウンセリングを実施し、それぞれに合った進路を実現できるように支援しています。約52,000件の企業情報や求人情報、セミナー情報が掲載されたUNIVERSALPASSPORTには、自宅からもアクセスできます。1 年生からいつでも利用することができる、キャリアアップに心強い施設です。

4つのキャリアサポート
  1. 1.全学的な就職支援システムを入学直後から開始
  2. 2.学科単位の就職情報を、オンラインでリアルタイムに提供
  3. 3.少人数制の研究室が主体となる、きめ細かい就職指導
  4. 4.強力なOBネットワークと、企業や業界との連携

キャリアセンターホームページ

近畿大学の卒業生の採用に積極的な建築・土木系の企業を招いて合同企業説明会も学内で行っています。