国際交流・留学

農学部における国際交流

夏期海外研修

農学部では、環境管理学科において夏期の海外研修を実施しており、タイ、フィリピン国を中心に、毎年約50-60名の学生が10日間前後、海外の農業や環境、社会・経済の状況に直接触れ、国際理解を深めるとともに、国際性の確保に努めています。

短期研修生の受け入れ

タイ国チェンマイ大学との相互の交流を一層推進するため、2001年度よりタイ国チェンマイ大学の学生を10日間前後受け入れ、農学部学生との交流、講義や地域農業の視察、関連施設の訪問を通じて、日本の農業や文化・歴史の理解を深めるとともに、国際交流の推進に努めています。