TOPICS

食品栄養学科2年生有志が奈良県中央卸売市場「冬の市場祭り」に参加し、大和郡山市長賞を受賞しました

2017.12.15

奈良県中央卸売市場協会は、市場を広く市民に知ってもらうことを目的に「市場まつり」を開催されています。 「冬の市場まつり」では数種のイベントが催されており、その内の1つに奈良県産の食材を使用した料理コンテストがあります。本コンテストの参加資格は奈良県内の管理栄養士・栄養士養成校の学生であり、学生が考案した応募作品はコンテスト終了後、一般の来場者に購入・試食していただける仕組みとなっています。(材料費も売り上げもすべて市場が管理)

昨年度に引き続き、今年も近畿大学農学部食品栄養学科2年生有志がコンテストに参加し、大和肉鶏、筒井れんこん、宇陀金ごぼうを使用したメニュー「大和牛のBSG(ビーフストロガノフ)~ボリューミー・損はさせない・ゴロッと感~」を出品し、販売開始前から近大ブースには長蛇の列ができ、開始後まもなく完売しました。
本メニューは、コンテストの審査員の方々にも大好評で、昨年に引き続き大和郡山市市長賞を受賞しました。
img2.jpg img3.JPG

詳しくは以下の活動報告をご覧ください。
奈良県中央卸売市場 冬の市場祭り参加報告 img1.jpg