このページの本文へ移動します。

法科大学院法務研究科
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

本法科大学院は、近畿大学の「実学教育」と「人格の陶冶」という建学の精神、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人を育成すること」という教育の目的に理解を示し、頼りがいのある法曹になる志を有する人を求めます。
本法科大学院の入学者選抜にあたっては、公平性、開放性、多様性を旨とし、多様なバックグラウンドを持ち、良き法曹となる資質を有する学生を広く受け入れます。

  1. 公平性を確保するために、本学出身者枠を設けるなどの優遇措置はいっさい講じず、志願者をすべて公平に扱います。
  2. 開放性、多様性を確保するために、学部段階での専門分野を問わず、多様なバックグラウンドを有する者を受け入れることとし、社会人や非法学部出身者にも広く門戸を開放します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 「実学教育と人格の陶冶」という近畿大学の建学の精神、「人に愛される人、信頼される人、尊敬される人を育成すること」という教育の目的を踏まえ、この建学精神および教育の目的を尊重しつつ、頼りがいのある法曹を育成することを基本理念とします。
  2. 少人数教育を徹底して、学生の実力やニーズに応じたきめ細かで良質な教育を提供します。基礎の講義科目から「演習科目」「総合演習」へと基本を重視しながら段階を踏んだ学習が可能となるように科目を配置します。
  3. 時代の要請に応える新たな「実学重視」の法学教育をめざします。理論と実務の架橋を重視しながら、実務の基礎を学び、現実に生起しうる法的問題に的確に対応できる総合的な法的能力を養います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

本学が掲げる建学精神および教育目的を尊重しつつ、頼りがいのある法曹を養成するという本法科大学院の基本理念に則って、高度な専門的知識や柔軟な思考力を有し、高い倫理的責任感を備えていると判断される者には、以下の判断基準で、法務博士(専門職)の学位を授与します。

  1. 法曹としての幅広い教養、法に関する高度な専門的知識、柔軟な思考力、説得・交渉の能力を身につけていること。
  2. 法曹に求められる豊かな人間性や感受性、高い倫理観、鋭敏な人権感覚、健全な市民感覚、グローバルで多角的な視座を身につけていること。
  3. 所定の年限以上在学し、本法科大学院がその基本理念に基いて設定した所定のカリキュラムによる教育を受け、修了に必要な所定の単位を修得していること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。