このページの本文へ移動します。

システム工学研究科
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

システム工学研究科では、人間と自然が共存できる持続可能な社会を構築すること目的として、次のような能力や学識を持つ、技術者や研究者など高度専門職業人の育成を最終目標としています。

  1. 広い視野に立って総合的に思考する力(総合力)。
  2. 技術者・研究者として必要な高い人格と倫理観(人間性)。
  3. 専門領域における深い知識(高度専門性)。
  4. ますます複雑化する技術課題に多様な解決策を提言する力(課題解決力)。
  5. 高い専門知識を駆使して国内外で活躍する力(グローバル活動力)。

このために次のような入学者を受け入れます。

  1. 幅広い教養と実学としての工学分野の能力を発展・深化させたいと望む意欲のある人。
  2. 人間と自然が共存できる社会の構築に寄与することを熱望して、高度の技術者・研究者を目指す人。
  3. 複雑化する工学的課題に果敢にチャレンジし、探求能力を高めて、グローバルにしかもリーダーとして活躍したい人。

(入学者選抜の基本方針)
システム工学研究科では上記に示す方針に基づき、多様な入試制度を設けています。

<博士前期課程>

  1. 学内推薦入学選考では、学士課程で専攻分野の基礎知識や技能を一定以上の水準で修得し、高度な研究能力と社会の要請に対応できる応用力とを修得する意欲に溢れた人を選抜します。本学独自の面接試験を実施します。
  2. 一般入学選考では、学士課程における専門知識を十分身につけ、高度な研究能力と社会の要請に対応できる応用力とを修得する意欲に溢れた人を選抜します。本学独自の学力試験及び面接試験を実施します。
  3. 社会人入学選考では、在職経験によって培った知識及び技術をさらに深化させ、高度な研究能力と社会の要請に対応できる総合的な応用力とを修得する意欲に溢れた人を選抜します。本学独自の面接試験を実施します。
  4. 外国人留学生入試では、学士課程修了者と同等な専門知識を有し、当研究科で必要な最低限のコミュニケーション能力をもち、高度な研究能力と社会の要請に対応できる応用力とを修得する意欲に溢れた人を選抜します。日本留学試験の活用と外国語、専門科目の記述試験、面接及び書類審査を実施します。

<博士後期課程>

  1. 一般入学選考では、博士前期課程における専門知識と研究能力を十分身につけ、先端科学技術を主体的に修得する意欲と、新しい研究分野を開拓する意欲、高度な専門的業務に必要な学修に取り組む意欲に溢れた人を選抜します。本学独自の学力試験及び面接試験を実施します。
  2. 社会人入学選考では、在職経験を有する者で、博士前期課程における最低限の専門知識と研究能力を十分身につけており、先端科学技術を主体的に修得する意欲と、新しい研究分野を開拓する意欲、高度な専門的業務に必要な学修に取り組む意欲に溢れた人を選抜します。本学独自の面接試験を実施します。
  3. 外国人留学生入試では、博士前期課程修了者と同等な専門知識と研究能力を有し、当研究科で必要な最低限のコミュニケーション能力をもち、先端科学技術を主体的に修得する意欲と、新しい研究分野を開拓する意欲、高度な専門的業務に必要な学修に取り組む意欲に溢れた人を選抜します。日本留学試験の活用と外国語の記述試験、面接及び書類審査を実施します。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

科学技術はますます深化して細分化される方向にありますが、本研究科の教育課程はこれらの科学を総合的にとらえるための能力と専門分野の高度な技術を獲得するカリキュラムで構成されています。物質科学・環境科学・エネルギー科学・情報科学の4つの基幹となる専門分野に加えて基礎数理科学・特修科目・国際&キャリアの2つの工学基礎分野及び特修の工学実践分野の7分野を準備して、分野横断的な教育・研究の指導を行います。

<博士前期課程>

  1. 上記の基幹4分野に基礎数理科学・特修科目・国際&キャリアを加えた7つの区分の中から2区分以上の科目を履修して、従来の細分化された学問領域を超えた科学技術の総合力の獲得を図るプログラムを提供します。
  2. 特修科目ではプロジェクト研修及びシステム工学特別研修を設けており、民間研究機関での実習や研修を通じて実学教育の充実を図ります。
  3. 特別研究を通じて解析手法の修得やプレゼンテーション能力の向上を図り、学会等での研究成果発表の支援や、修士論文作成の指導を行います。

<博士後期課程>

  1. 博士前期課程での専門分野についての体系的知識や技術をさらに深める「特殊研究」を行います。
  2. 複数の領域を理解し、その知識を活用することにより、人間と自然が共存できる社会の構築に必要な多様な課題に立ち向かう能力の向上の育成に努めます。
  3. 自立して解決策を国際的レベルで提言できる能力へと発展・育成されるように、博士論文の研究指導を行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

システム工学研究科では、高度専門職としての技術者・研究者の育成を最終目標としています。所定の年限在学し、システム工学研究科のカリキュラムポリシーに沿って設定された課程プログラムの授業科目を履修して、厳格な成績評価のもとに各課程が求める能力に関する所定の単位を修得し、かつ本研究科が行う論文の審査及び試験に合格した人に、博士前期課程では修士(工学)、博士後期課程では博士(工学)の学位を授与します。

<博士前期課程>

  1. 複雑化する技術課題に対して総合的な視点から多様な解決策を提言できる能力を身につけていること。
  2. 専攻分野における高度な専門性をもつ職業等に必要な能力を身につけていること。
  3. 工学分野の課題に、探求心と責任感をもって果敢にチャレンジし、国際的に活躍できる研究能力と指導力を身につけていること。

<博士後期課程>

  1. 主体的に研究活動を展開することにより、深奥を究める探求力と学際分野の課題を解決するに至る道筋を提案できる能力を身につけていること。
  2. 学術的意義・新規性・創造性に優れた研究を遂行でき、当該分野での学術研究の発展に大きく貢献し、応用的価値を与える能力を身につけていること。
  3. 自立して研究を推進する能力、当該分野でリーダーシップをとる高度な幅広い専門知識と崇高な工学的倫理性を身につけていること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。