このページの本文へ移動します。

医学部
(アドミッションポリシー・カリキュラムポリシー・ディプロマポリシー)

医学部 医学科

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

医学部は、近畿大学建学の精神に則り、「実学教育」と「人格の陶冶」を重視します。また教育理念に則り、「人に愛され、人に信頼され、人に尊敬される」医師の育成をめざします。本学の「建学の精神」と「教育理念」に共感し、将来、良き医師として社会に貢献することを志望する入学者を受入れます。

  1. 医学を志し、そのために必要な強い意思と高い理想を持つ人。
  2. 医学の課程を学ぶために十分な基礎学力を備える人。
  3. 自ら課題を発見し解決していく意欲にあふれる人。
  4. 奉仕の精神と協調精神に富む人。
  5. 倫理観と責任感に富む人。

また、医学部に入学するまでに、次のような教科の履修と知識・理解・習得が望まれます。

国  語 : 専門教科書レベルの読解力、及び標準以上の表現力、発表力、論理的思考力など
外国語 : 専門教科書レベルの読解力、及び基本的な文章力と会話力
数  学 :「数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学B」
物  理 : 物理基礎・物理
化  学 : 化学基礎・化学
生  物 : 生物基礎・生物
地歴・公民 :個人と社会を取り巻く様々な状況を理解し、的確に対応するために必要な知識と教養

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

教養教育、基礎医学教育、臨床医学教育、臨床実習へと積み上げ型の一体教育を行います。低学年から医療・看護の現場や基礎医学研究の現場を体験させます。チュートリアル型教育の導入により、自ら課題に取り組み、解決する姿勢を養成します。グローバル社会に対応する高い英語力を養成します。複数年次にわたる倫理教育とプロフェッショナリズム教育により高い職業的倫理観と責任感を育てます。医師国家試験合格を達成するために高度な臨床医学教育を実施します。

<教養教育科目>
1学年は、将来心豊かな良き医師となるために、倫理、文化、社会、人権、心理などの幅広い分野の教養を身につけます。また、基本的な生物、化学、物理、統計数学を学びます。文章力やコンピューターリテラシーにも力を入れます。また語学教育にも力を入れ、特に英語はグローバルな世界の共通語という認識から、英文読解力の養成や会話力の養成を行います。さらに、早くから医療や看護の現場に触れる病棟実習や学外施設実習、また研究の現場に触れる基礎医学教室配属も行います。

<基礎医学教育>
2学年の基礎医学教育はその後の臨床医学教育のための重要な基盤を形成します。基礎医学の各教科ではチュートリアル教育、系統講義、実習の三位一体で行います。チュートリアルでは事例をもとに小グループ学習により、自ら積極的に課題に取り組み、問題点を発見して解決する姿勢を養成します。また2学年から4学年まで医学英語を行います。

<臨床医学教育>
3学年、4学年では臨床医学の各科の系統講義を行います。また関連する病理学実習を通年にわたり実施します。さらに年度末には各科横断的な症候・病態チュートリアルコースを行います。
4学年の終わりには医療系大学全国共用試験であるCBTとOSCEを受験し、診療参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ、以下クリクラ)に入るために必要な医学知識と臨床実技の修得を評価します。
5学年は臨床の各科を順次回ってクリクラを行い、実際の症例や診療に接しながら臨床医学を学びます。それによってこれまでの講義とは違う生きた医学教育による知識と技能の習得を行います。
6学年の前期はさらに選択科目のクリクラを行います。また各科の補講コース、画像集中コース、アドバンスドOSCEを行います。医師国家試験対策プログラムも開始します。
6学年の後期は各科の卒業試験、卒業総合試験、及び医師国家試験対策プログラムを行います。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

医学部では、「医師になるために必要な知識・技能の修得」、「自ら問題を解決する積極的な姿勢の習得」、「広い学問的視野の育成」、「奉仕の心と協調精神の養成」、「豊かな人間性と高邁な倫理観・責任感の涵養」を教育目標とし、厳格な成績評価により教育カリキュラムを運営しています。そして6学年までに開講された科目をすべて履修して所定の単位を取得し、さらに臨床各科の最終試験と総合試験に合格した学生に対し卒業を認定し、学士(医学)の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質・能力を以下に列記します。

  1. 医師になるために必要な医学の知識と技能を修得し、さらに日々向上に努めること。
  2. 積極的に課題に取り組み、自ら問題点を見いだし解決する姿勢を身につけること。
  3. 他者を理解する幅広い教養と国際化の時代に対応できる英語力を身につけること。
  4. 患者に対する思いやりと奉仕の精神を身に着けること。
  5. チーム医療に必要な協調精神とコミュニケーション能力を身に着けること。
  6. 専門的職業人としての倫理観、自己規制力、責任感、使命感を身に着けること。

教育情報の公表のページへ

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。