このページの本文へ移動します。

職員採用についてよくある質問 <平成31年度採用>

採用条件について

貴学の求める人材について教えてください。

大学において、職員が担当する業務は多岐にわたりますが、新卒者等に対して共通して求める資質は以下の点になります。

  • (1)建学の精神である「実学教育」と「人格の陶冶」を理解できる人物
  • (2)教育・研究・医療の発展に対する熱意があり、社会に貢献できる新たな価値を創造できる人物
  • (3)未来志向とチャレンジ精神をもち、自主的に行動するとともに、粘り強い実行力を併せ持つ人物
  • (4)リーダーシップを発揮し、周囲を巻き込み成果をあげることができた経験を持つ人物
  • (5)異文化に対する理解・興味・受容力があり、大学のグローバル化を促進させることができる人物

採用職種について、専任(嘱託)職員とありますが、どういった形での採用になりますか?

本学では、事務・技術系職員についてはすべて嘱託職員(任期1年)として採用し、能力等総合評価により専任職員へと登用していく制度をとっております。
嘱託職員は、1年毎の任期更新となりますが、処遇その他の勤務条件は専任職員と同様となっています。
なお、厳しい採用試験を突破して採用された方のほぼ全員が2年目には専任職員となっています。

採用において、総合職や一般職などの区分はありますか?

本学の事務・技術系職員採用については、以下の2つの区分を設けております。
応募に際してはいずれかを選択していただくことになります。

<総合職>
法人からの要請に応じて、本学が設置するすべての学校、各病院、各施設にて勤務が可能な方。
また、将来的には本学の基幹的業務を担当していただきます。
<地域限定職>
本学が設置する学校、各病院、各施設において、原則転居を伴わない範囲で勤務が可能な方。
基本的には下記の各地域内での異動を主とします。
大阪地区
大学本部、附属高等学校・中学校(大阪府東大阪市)、医学部・附属病院・看護専門学校(大阪府大阪狭山市)、農学部(奈良県生駒市)、医学部奈良病院(奈良県生駒市)、附属小学校・幼稚園(奈良県奈良市)、生物理工学部(和歌山県紀の川市)、附属和歌山高等学校・中学校(和歌山県和歌山市)、附属新宮高等学校・中学校(和歌山県新宮市)、附属豊岡高等学校・中学校(兵庫県豊岡市)、工業高等専門学校(三重県名張市)など
広島地区
工学部、附属広島高等学校・中学校東広島校(広島県東広島市)、附属広島高等学校・中学校福山校(広島県福山市)
福岡地区
産業理工学部、附属福岡高等学校(福岡県飯塚市)、九州短期大学・附属幼稚園(同)

他大学出身者も採用されますか?

出身大学は一切問いません。実際に本学以外の出身者も多く勤務しています。
なお、過去の主な新卒等採用実績校は以下のとおりです。

青山学院大学、大阪大学、大阪教育大学、大阪薬科大学、岡山大学、金沢大学、川崎医療福祉大学、関西外国語大学、関西大学、関西学院大学、北里大学、岐阜医療科学大学、京都医療科学大学、京都教育大学、京都大学、京都薬科大学、京都外国語大学、近畿大学、近畿大学九州短期大学、慶應義塾大学、神戸市看護大学、神戸大学、神戸女学院大学、九州大学、滋賀大学、西南学院大学、玉川大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東海大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、名古屋大学、奈良女子大学、神戸薬科大学、広島大学、福岡大学、法政大学、北海道大学、武庫川女子大学、明治大学、立命館大学、和歌山大学、早稲田大学 など(50音順)

理系出身者も採用していますか?

事務系職員については、文系理系を問わず採用しております。
技術系職員については、情報・数理系学部等出身者の方を中心に採用しておりますが、その他の学部等出身の方でも応募可能です。

採用試験等について

選考日程で都合がつかない場合、変更していただくことは可能ですか?

個別に選考日程は変更できません。ご了承ください。

OB・OG訪問は出来ますか?

本学職員と会うこと自体は制限しておりませんが、人事部からの紹介は出来かねます。
なお、OB・OG訪問の有無が選考に影響するということはありません。

採用にあたってのパンフレット等の資料はありますか?

採用についての案内・資料等は作成しておりませんのでご了承ください。
本学、また職員採用に関する情報は、本学ウェブサイトをご参照ください。

採用説明会への参加は必須ですか?

採用説明会の参加は必須ではありません。また、出席の有無が選考に影響するということもありません。

勤務・配属について

週休2日制ですか?

本学では1週40時間のシフト勤務制(部署により異なる)を採用しており、シフトによっては土曜日の勤務がない週もあります。

採用後の配属先については、本人の希望が反映されますか?

採用に関する希望は伺っておりませんが、希望業務は履歴書に記載する欄がございます。本人の資質・適性や本学の組織運営を含め、総合的な判断により決定します。また、大学以外の附属病院や附属学校にて勤務していただく可能性も十分にあります。
なお、地域限定採用者については、極力勤務地の考慮はいたします。

人事異動はありますか?

本学では、平成26年4月より人事戦略としてキャリア・ディベロップメント・プラン(CDP)を導入いたしました。CDPは各職員が自主的にキャリア形成を行い、能力開発できることを目的に導入され、入職後10年間で3~4の異なる部署で経験を積んでいただく制度です。そのため、数年に一度人事異動が行われます。

具体例)

入職年度:
平成20年4月(11年目)
経験部署:
学務課 → 教学本部事務部教学庶務課
教学部門内を全般経験するスペシャリストとして活躍中
  • 教学部門である学務部で教職免許の手続を経験
  • 文部科学省への申請や認可を担当
  • 現在、教学本部事務部教学庶課にて全学部を統括する業務を経験
  • 校友プロジェクトにおいてKINDAIサミットの企画運営を経験
入職年度:
平成24年4月(7年目)
経験部署:
人事部人事課 → 文芸学部事務部 → 学生部学生課 → 秘書室
管理部門と教学部門を横断的に経験しゼネラリスト目指して活躍中
  • 管理部門である人事課で大学全体の人事手続きを経験
  • 文芸学部事務部において大学院改組の事務手続きを経験
  • 学生課にて学生支援全般を経験
  • 現在、秘書室にて役員秘書として勤務している
  • 入職直後から近未来プロジェクトにおいて入学式の企画運営を経験

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。