このページの本文へ移動します。

21世紀COEプログラムとは?

世界最高水準の研究教育拠点を形成する文部科学省「21世紀COEプログラム」に選定されました。

21世紀COEプログラムとは?

文部科学省が推進する「21世紀COEプログラム」は、日本の大学を世界的な研究教育拠点に育成するための重点施策です。
“COE”とは、“センター・オブ・エクセレンス=卓越した拠点”の略で、「わが国の大学に世界最高水準の研究教育拠点を学問分野別に形成し、研究水準の向上と世界をリードする創造的な人材育成を図るため、重点的な支援を行う」ことを目的としています。
具体的には、全国の大学院博士課程レベルの研究科や研究所、研究センターなどを対象に、研究教育計画を公募。その中から優れた研究成果をあげ、将来の発展が見込めるものを選び、一定の研究費を、文部科学省が5年間提供するというものです。

近畿大学の研究拠点

2年連続COEに選定。全国の私立大学でわずか5大学。

近畿大学は、平成14年10月に行われた初めての審査で、「生命科学分野」の研究拠点の一つとして、「食資源動物分子工学研究拠点」(拠点リーダー/入谷 明・先端技術総合研究所長・理事・生物理工学部教授)が選ばれました。
続いて、15年度には「学際・複合・新領域分野」で、本学水産研究所が中心となる「クロマグロ等の魚類養殖産業支援型研究拠点」(拠点リーダー/熊井 英水 水産研究所長)が選ばれました。海のダイヤと呼ばれる「クロマグロ」の完全養殖に成功しただけに、各方面から期待が集まっています。
本学は2年連続で選定され、全国の私立大学5指の一つに入りました。

実績

©Kindai University All Rights Reserved.このウェブサイトの内容の無断転載・複製を禁じます。